VOICE

未来へのSTORY

卒業生

上野 遥 さん

  • #卒業生
  • #ピアサポーター

人見知りで自分の気持ちを言うことが苦手だった私が、自分から周りを巻き込んで楽しい学校生活を送れるように!

進学先の通信制高校を調べていた時に、第一学院を知って中等部へ入会しました。

第一学院 中等部には、中学3年生の6月に体験に行って7月に入会しました。高校は通信制高校に入りたくて調べていた時に、第一学院を知って、高校だけではなく中等部があることも知りました。
中学校では、3つの小学校の出身者が集まっていて、一気にクラスや関わる人数も増えて、人間関係や環境ががらっと変わったことが原因で、体調不良になってしまいました。学校にも一時的に通えなくなっていたのですが、このまま学校に行けないのも嫌だし、友達とは喋りたいという気持ちは強かったので、無理矢理学校には通っていましたが、辛い部分もありました。その中で、先生や親に気にかけてもらって、どうしようと考えたときに、通信制だったら自分のペースで無理なく通えるし、先生や友達とも話しやすそうだなと思ったので進学先は通信制に行くことに決めました。まずは中等部からスタートして、徐々に慣れていきたいと思って中等部に入会しました。

自分のペースで楽しい学校生活を送りたかった私には、ぴったりの環境でした。

第一学院は、先生たちや周りの子たちと距離感が近くて気楽に話せるので、居心地が良いなと思って入会を決めました。元々は人と話すことも好きだし、友達とわいわいしたり、学校生活を楽しみたいという気持ちが強かったんですよね。楽しい学校生活が送れそうと思ったことが大きいです。
中等部では、英語や国語、数学など中学校の勉強の基礎を先生と一緒にやっていました。中学3年生の時は、普通に中学校に通えていたので、学校がない土曜日に中等部へ通っていましたね。電車を使って通っていたので結構忙しくて大変だったのですが、高校は大抵電車を使って登校するのでそれに慣れるという意味でも、練習だと思って両親と相談しながら通っていました。人が多いところが苦手だったので、最初は少し大変だったんですが、慣れてきたら「あ、いける」と思って(笑)。そこからは普通に通っていました。そのおかげもあって、高校生になってからもスムーズだったと思います。

キャンパスの居心地の良さから、迷わず第一学院高校へ進学。制服も可愛いし、友達もできました!

中等部に在籍していたころは、人見知りなのと、周りを見渡す余裕がなくて、友達はほとんどできませんでしたが(笑)、先生たちが良くしてくれたので居心地はすごく良かったです。そのおかげで中等部から第一学院高校に進学することに迷いはほとんどありませんでしたし、第一学院高校に進学してからは自然と友達もできました。自分のペースで通えて一番ここが通いやすいなと思っていましたし、何かあればフリースペースの前が職員室なので先生に気軽に言えるってことも大きかったです。あとは、制服があって可愛いことが決め手でした(笑)。
今は、高校生活が毎日とても楽しいです!先生たちと他愛の無い話をする時間が一番好きなのですが、そのほかにも自分で企画を作って学年関係なくみんなを巻き込んでます!
この間は、レポートをみんなで進めるレポート会を企画してやりました。レポートが進んでいない子も先輩たちと一緒にやろうという会です。他にもオープンスクールのアイスブレイクも自分で内容を考えて中学生たちの前で披露しました。今までは、人見知りでなかなか自分の考えを言う機会もなかったけど、周りの人たちのおかげで、自分の思っていることや悩みを人に言えるようになったので成長できたなと感じています!

MESSAGE

みなさんへのメッセージ

今は、もしかすると悩みとか人に言えなくて辛かったりすると思うのですが、私ももちろん悩みはあったし、それはいつか言えるようになって気持ちが楽になってスッキリする時が来ると思います。第一学院は、先生たちも気にかけて毎日話しかけてくれるし、私もすごい気にかけてもらえて楽になったから、自分も言えるようになる環境があるということを知ってもらえたら嬉しいです!一人で抱え込まずに、一度遊びに来てみてくださいね。お待ちしています!

インタビュー日時:2022年11月